食品工場に向けにフードディフェンスに貢献するネットワークカメラを紹介するページです

  フードディフェンスに貢献するネットワークカメラ

 

食の安全が脅かされる事件が多発し、食品防御「フードディフェンス」という考え方に大きな関心が寄せられるようになりました。

┅┅ フード ディフェンスとは、食品への意図的な異物の混入を防止する取り組みであり、人為的に毒物などが混入されることのないように監視するもの。┅┅

 

ひとたび問題が発生するとマスコミも大きく取り上げ、一夜にして長年築き上げてきた企業イメージが失墜することも起こりえるもので企業側にとってはまさに死活問題ともいえるでしょう。

アルファシステムではネットワークカメラのプロスタッフが、お客様のニーズに合わせた最適なカメラの選定をさせて頂いておりますので、どのようなことでもお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

  フードディフェンスに対する4つの提案

 

狙わせない外回りのセキュリティ −−− 敷地や建物の防犯対策

 

 

 

多方向に撮影可能なPTZカメらで、広範囲・高画質な画像。
低照明下でも鮮明な夜間撮影が可能。
また、トラックヤードにメガピクセルカメラを設置し、搬送・搬出に関係する車両のナンバープレートを鮮明に撮影。

 

 

重要な区間への出入りを強化

 

 

 

入退出管理により重要区間への人の出入りを厳重チェック。
(入退出管理システムとの連携)

 

 

センターからモニタリング、映像を記録 

 

 

 

映像を記録保存することができ、万一事故などが発生した時に、過去にさかのぼって作業状況を映像で確認し、作業時の不正や不備ないことを立証する資料として活用。

 

 

製造ラインをモニタリング・・「工場みえる化」で異物混入防止と作業状況のチェック

 

 

 

記録映像を解析することで「ムダ」「ムリ」を排除し、生産性の向上や作業の効率化、また危険防止にも貢献。

工場全体のモラル向上と衛生管理の徹底につながる。

 

 

 

 

 

  ご提案のための構成図

 

 

 

 

 

 

 

 

  お見積りサンプル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

型番検索

商品情報

メーカー別ラインナップ

周辺機器

ネットワークカメラとは

設置、工事情報

ソリューション別

会社案内


LINK




このページのトップへ